うつ病にならないために!症状改善と予防の手段

  1. ホーム
  2. うつ病を防ぐ

うつ病を防ぐ

カウンセリング

ストレス対策を考える

うつ病の再発を防ぐためには、なんといってもストレス対策が肝心です。うつ病は精神的なストレスが元で発症することが多いため、いかにストレスを溜め込まず、発散させるかがポイントとなるからです。最も良いのはスポーツなどを趣味とすることです。運動をすることでストレスの発散になる他、運動によって自律神経が発達し脳内神経伝達物質の分泌量も増加するのでうつ病対策につながるからです。しかし、スポーツが苦手な人が無理にスポーツをすると逆にストレスになる可能性があるので、自分のペースでできる運動を習慣づけましょう。

スポーツで対策

前述したように、スポーツはうつ病の予防に最も適しています。また、予防だけではなくうつ病の症状改善にもスポーツは効果的ですので、体を動かすことは非常に重要な要素となります。最もおすすめできるのが、ウォーキングです。ウォーキングは体の負担が少なく、気軽に始められるスポーツです。ウォーキングに慣れたらジョギングをするのも良いですし、さらに遠い距離までウォーキングするというのも有効です。ウォーキングをする時は、日光を浴びることの出来る時間にするのがおすすめです。日光を浴びることで、セロトニンという脳内神経伝達物質が分泌されやすくなるからです。さらに、セロトニンは夜になるとメラトニンという眠るために必要な物質になるため、不眠の症状対策にも効果が期待できます。

睡眠で対策

運動と同じくらい症状改善に必要なのが、睡眠です。ストレスは睡眠時に最も発散されるため、ぐっすり眠ることが一番ストレス解消に良いからです。ぐっすり眠る手段として、まず、運動をして体を疲れさせたり、寝る前にホットミルクを飲んで眠りやすい状態にしたりといったことが代表的です。他にも、ベッドに入る前にパソコンやテレビを見ないというのも、脳を休ませやすくする手段の1つです。しかし、それでもなかなか眠ることができない場合は精神科に行って睡眠薬を処方してもらうと良いです。睡眠不足に陥るとイライラしやすくなり、うつ病の症状を悪化させてしまう原因にもなるので早めの対策が大切になります。